医療機関で実施される臨床検査

ASTとALT、ガンマGTP

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)とALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)は、肝臓や腎臓、心筋、骨格筋などに多く含まれる酵素です。健康な人でも若干量が血液中に溶け出していますが、ウイルスなどで細胞が損傷していると、溶け出す量が増加します。そのため、肝臓障害や心筋梗塞などを診断する際の指標として広く利用されています。

基準値は共に30以下となっており、検査値が高い場合には、急性あるいは慢性の肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がん、心筋梗塞などが疑われます。ASTとATLは、GOT・GPTという旧称の表記が使用されている医療機関もありますが、同じ検査ですので心配要りません。

ガンマGTP(グルタミントランスペプチターゼ)は、肝臓内の胆管で作られる酵素の一種で、アミノ酸の代謝に関係しています。肝臓や胆道に異常があると血液中に漏れて数値が上昇します。

ガンマGTPはアルコールに敏感に反応するため、長年の飲酒を主原因とするアルコール性障害の早期発見・治療には必ず行われる検査ですが、脂肪肝などでも高値を示しますので、他の検査と組み合わせることもあります。

検査を採血で行いますが、検査前日の飲酒がNGなのはもちろんのこと、飲酒の習慣がある場合数日飲んでなくても数値が反応してしまいます。AST、ALTなどのほかの肝臓系の数値に異常がなく、ガンマGTPだけが異常値の場合、アルコールの飲みすぎが原因と考えられます。週に1日は肝臓を休ませるようにしましょう。

サイトカインの一種であるインターフェロンを誘導したり、免疫調節作用を発揮する肝機能改善薬(グリチルリチンなど)は、主に慢性肝炎や肝硬変の進行を抑えたり、肝臓がんの発生を抑制するために用いられます。ただし、抗ウイルス作用がないため、ウイルス性肝炎自体を治療することはできません。

肝機能が低下して栄養不足になると、血漿タンパクのアルブミンが不足したり、分岐鎖アミノ酸の減少によって、肝性脳症などがおこることもあります。このため、アミノ酸補給用の肝不全治療薬なども、肝機能改善薬に含まれる場合があるほか、慢性肝疾患における肝機能改善を目的として、肝臓製剤も含まれることがあります。

もともと肝臓は生命力が強いため、自己再生能力が他の臓器よりもずっと強いのが特徴です。このためウイルス性の肝炎で無いならば、その生命力に期待して肝機能の維持・改善を行います。