医療機関で実施される臨床検査

尿たんぱく、尿潜血

尿中のたんぱく質(アルブミン)を尿たんぱくといいます。健康の人の場合、血液中にあるたんぱく質は、腎臓でろ過された後、尿として出てきますが、尿細管で再び血液へと吸収される仕組みになっています。

このため通常は尿として体外に排出されるたんぱく質の量はごく僅かなのですが、腎臓の異常や炎症、尿管に何らかの障害があると、ろ過や再吸収の機能が働かなくなり、尿に含まれるたんぱく質の量が増えてしまいます。

検査には試薬を使用する「定性検査」と、尿の中からたんぱく質を測定する「定量検査」があります。定性検査で陽性の場合、腎臓病が疑われるので再検査を受ける必要があります。

尿は腎臓や尿管、膀胱などを通って体外に出されますが、これらの臓器に異常があると尿に血液が混じることがあります(尿潜血)。血尿は赤みがかった色の尿が出るのですぐに分かりますが、尿潜血は顕微鏡で見てはじめてわかるレベルです。

試験紙を使って調べ、政情の場合は陰性ですが、陽性のときは腎臓から尿道口までの間に何か異常があるので、尿を遠心分離機にかけて成分を調べる尿沈渣で、尿中に赤血球が混じっているかどうかを調べる必要があります。

腎臓の病気は種類が多いですが、いずれの病気にも共通しているのは、慢性化して症状が進行した場合、最終的には腎不全に至るという点です。そこで、病気の種類や原因とは関係なく腎臓の機能低下の度合いに注目した「慢性腎臓病(CKD)」という病名が登場しました。

CKDは放置すると腎不全になる可能性がある慢性の腎臓病の総称で、クレアチニンの数値と年齢、性別によって簡単に診断ができ、早期発見や装置治療がしやすくなりました。

CKDは、初期段階では自覚症状がほとんどありません。腎臓の機能は年齢とともに低下するので、知らない間に慢性腎臓病の状態になっていることもあります。一般的な健康診断で発見できるので、中高年になった必ず健康診断を受けるようにしましょう。